従業員に関する経費削減の見極め

 

従業員の経費削減についてのポイントはどこにあるでしょうか?について考えてみましょう。

従業員の経費削減のポイント

人件費の設定

現在の従業員の人件費が適正なものであるかどうかを明確にして、設定を再検討してみましょう。

労働意欲向上

従業員の労働意欲を向上させることで経営状況も効率よく進み、結果ムダが無くなり経費の削減にもつながります。やはり経費の削減は従業員の意識から、ということになるのでしょうかね。

マニュアル作成

従業員の行う業務工程や作業工程をマニュアル化して、ムダを極力落として効率化を目指します。無駄がなくなることで必要以上の経費を削減することが出来ます。

雇用形態

パートやアルバイト、派遣社員を有効に活用することで経費を削減することが出来ます。ただし、雇用制度も見直しをしなければならないので、十分な検討を行うのが大切です。

機械の導入

作業効率を向上させるには、人間の手で行うよりも作業機械や工具を使用するのも経費削減になり、作業能率も改善します。

残業禁止

残業が増えてしまうとその分経費は増えていきます。
残業は禁止にするか、残業が発生する場合は役職者が行うなどをはじめ、なるべく残業の出ないような対策を考えましょう。

職場環境改善

会社の衛生管理、安全管理などの現在の環境を見直して、良い環境へ改善するのも従業員の労働意識の向上につながり結果、経費削減になります。

時間短縮

業務時間、作業時間を見直してその工程にムダが無いか、必要以上の時間が掛かっていないかを確認し、時間を短縮します。改善することで経費削減になります。

コンピューター管理

人件費抑制のため、可能ならコンピューターで管理し、機械化できるようなら機械化を検討して作業の効率化、経費の削減を目指す。

従業員の目標設定

従業員一人ひとりに目標を設定してもらい、その目標の達成如何でボーナスや昇給の査定に使用し、労働意欲の向上にもなります。

最終更新日:2017/3/30