電気料金の削減

 

電気料金は家庭でも節約の対象の代表的なものですね。

家庭では電気代をどのように抑えるでしょうか?

部屋の電気は使用しないときはなるべく消す、夜遅くまで起きずに早めに寝る、クーラーは夜は掛けっぱなしではなくタイマー設定で消えるようにする…などといったようにして電気をあまり使用しない生活にするものでしょう。

では会社ではどいういう風にして電気料金を抑えればいいでしょうか?

会社では部屋の明かり、クーラー、パソコンなど、常に稼動しっぱなしのものがたくさんあります。これらは常に必要なものであるため、電気代の節約なんてあまり期待できないのではないかと思われるだろうが、調べてみると電力会社が設定している基本料金で抑えることが可能だとわかります。詳しく見ていきましょう。

基本料金の決定

電気料金の決定はどうやって決まっているかご存知でしょうか?

電気料金の基本料金というのがあり、その決定方法は1年のうちで1番電気量が高い月から算出されます。

この課金方法は中くらいの規模ほど店舗、もしくはビルにおいて設定されることが多い業務用の電力契約の一つです。この契約は、年間で最も電気を消費した月を元に計算されるというものです。

1年のうちで一番電気を消費する月はいつでしょうか?真夏の暑いなどはクーラーをガンガンにかけて仕事をsるのでやはり夏でしょうかね。また、パソコンも熱くなっていると思われるので、部屋の気温を下げる為にクーラーはいつも以上に頑張らなくてはいけなくなります。

このような電気の消費が多くなると、その値が年間の基準になってしまうのです。つまり、電気をあまり使わないようにと抑えていても、電気をたくさん消費した月があれば、その消費電力が大きければ大きいほど、一時期だったとしても基本料金は高くなってしまうのです。そのため、電気を抑えるのは年間に渡って行わなければならないことになります。

消費電力が高いものを一度に大量に使用してしまうと当然電気代は高くなりますし、それが原因で一年間の基本料金も高くなってしまうことになってしまうこともあります。なるべく一度に大量に電気を使うことは避けるようにしましょう。

契約内容の見直し

携帯電話の基本料金の契約見直しと同じように、電気料金の契約を見直して経費を削減します。

これによって経費を大きく削減できることもありますので狙いどころといえるでしょう。

まず、始めの会社の電気料金の契約プランを電力会社が選んでしまったままにしている会社は契約を見直した方がいいでしょう。自分ではなかなか決められないことか電力会社に頼ってしまって、実際にはそれほど電気を使っていないのに余分に電気料金を支払っている場合も十分に考えられます。自分の会社の電気の使用形態を今一度把握して、それに見合った契約プランを選択しましょう。

契約プランの選択と言っても、電力会社の契約プランは多いところで何十種類もあるようです。その中から会社の電気の使用状況に合わせた契約プランを選ぶ必要があるため、なかなか簡単にはいかないことでしょう。さらに気をつけておきたいこととして、契約は最低でも1年間は続けなくてはなりません。なので契約プランは電力会社の人などの専門的な知識のある人などとも相談しながら検討する必要があるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

パワーストーン 卸
http://www.purestone.jp/

2014/10/30 更新