ガス料金の経費削減

 

都市ガスを利用されている会社は、都市ガスの割引制度を利用することでガス料金の経費の削減ができます。

都市ガスの割引

条件としては、東京、大阪ガスを利用していてガス料金を毎月10万円以上支払っている会社が割引対象になります。東京、大阪ガス以外の場合、毎月のガス料金が15万円以上を支払っている会社も対象になります。

この割引制度をりようすればガス料金の経費も削減できるのですが、残念なことに、この割引制度を知らないという会社が多いようですね。非常に勿体無いところです。この理由として、やはりこの制度でうれしくないのがガス会社なので、ガスの契約ではこの割引制度をアピールすると売り上げが減少してしまうので内緒にしていることが考えられます。

この割引制度は経済産業大臣の認可を得て適用されるもので、制度自体もとても複雑になっているため、専門的な知識も必要になります。このことから、割引制度の存在は知っていても、実際に申請、または認可を得ようとしても難しいとされているようです。

契約内容、会社の見直し

ガス会社はまだまだ十分とは言えないまでも、その仕入先を会社側で選択することが出来るようになってきているようです。そのため、会社のガス料金の契約内容の見直しはもちろんですが、契約しているガス会社を変更するのも経費の削減の一つの手段です。ガス会社によっても平均の価格は異なっている為、ガス料金の相場も把握できますし、検討もできるのでいかがでしょうか?

プロパンガス

また、現在プロパンガスも自由化がされていますが、このことを知らないという会社も結構いるようですね。もしプロパンガスを利用している会社で値下げを要望したことが無ければぜひ値下げを要望してみてください。ほとんど高確率で値下げの要望を受け入れてくれるようです。プロパンガス会社から会社へ値下げできますがいかがですか?という提案はほとんど無いでしょう。いや、無いでしょう。会社の経費削減の為にも、値下げの要望は自分の方から積極的にしてみましょう。

というのも、ガス料金の基本料金というのがプロパンガス会社によってまちまちで設定されている為、それが高いか低いかは複数のプロパンガス会社を利用した経験のある会社くらいでないと知ることは無いでしょう。もしかしたら相当ぼったくられている可能性も否定は出来ません。むしろ平均より低いような会社を探すことの方が難しい気がします。なので、まずは値下げを要望してみることが大切です。

注目サイト

伊勢丹
http://isetan.mistore.jp/onlinestore/index.html

Last update:2014/10/30